【基調講演】第50回「国境について」

放送された内容はこちら

今世界には国連加盟国であるのかどうか、日本が承認しているか否か、領土を持つか持たないかなどの条件を考えなければ、324の国があるようです。

そして、国の数だけ、国と国との領土を分ける境界がそれに近い数だけあるということになります。

また、この国境ですが、基本的には国境を越えて他国へ移動する場合、入国許可を取り査証というものが必要となります。

要するに、簡単には他国へ移動することは出来ないということです。

このような入国許可が必要な理由は、いくつかあるのですが、もし仮に明日から世界規模で、この国境がなくなり、入国許可も不要となり、自由に往来できるようになった場合、何か問題が生じるとすれば、どのような問題が生じるでしょうか?

今回のフォーラムでは、予想される問題を列挙していただき、挙げていただいた問題について、国境がなくなることで現実的に起こるものかどうかを考えてみたいと思います。

そこで皆さんには、国境がなくなり、入国許可が不要となった場合に考えられる問題を挙げていただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

以上です。