【基調講演】第21回「文化芸術・ 表現の自由」その1

今回は芸術・文化における「表現の自由」というものについて考えて見たいと思います。

表現の自由といえば、日本国憲法第21条第1項「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。」と記されています。

このように憲法で保障されている「表現の自由」ですが、現実社会の中では、法律に抵触または違反することになるなど、様々な場面で論争のテーマとなっています。

更には、この「表現の自由」をめぐる問題が人権問題にまで発展することもよくある話です。

もちろん裁判問題としても取り上げられる事例も数多く存在します。
ヘイトスピーチなどもその一つです。

政府では今憲法の改正を進めており、表現の自由の項目に次の一文を追加の予定です。
「公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社することは認められない。」となっています。

このように少しずつではありますが、「表現の自由」に関する解釈にも具体性が出てきているようです。

さて、今回このフォーラムでは「表現の自由」というテーマで、皆様のご意見を頂くにおいて、まず第一回の取り組みとして、表現の自由がなぜ社会において対立する問題に発展するのか?その原因について考えて頂きたいと思います。

そしてそれを解決するためにはどうすれば良いのか?対策も考えていただけるとあり難いです。