【基調講演】第22回「教育・ 男女平等」その1

放送された内容はこちら

この地球上には男と女という性が存在します。

今回、男女平等というテーマですが、男女という性差の捉え方や、何を基準に平等というのかによっても、その意味が変わってきます。

現代では、女性の社会進出における就職の機会均等という法があるかと思えば、使用者の採用の自由という法と矛盾するものであったり、まだまだ法的にも不備な点があります。

また、平等を求めるということの背後には、男女間での差別があるということですので、どんな差別があるのかをまず考えて見てください。

そして、その差別をなくすためにはどうすることが必要なのかということも考えてください。
その差別をなくせば、男女平等と思える社会が実現できるのではないでしょうか?

更には、差別を考えるときの観点として、2つの観点から考察していただき、一つは精神的な観点。もう一つは物質的な観点。

精神的な観点とは、セクハラなどに象徴されるように性的なものもそうですし、世間でよく言われてきた男尊女卑の観念からくる女性蔑視のような思想的なことなどなど。

物質的な観点とは、雇用における機会均等であったりとか、育児や家事などに関することなどです。

以上のようなことを基本に、あなたの考える「男女平等」の社会実現についてのご意見を発表していただきたいと思います。